役割にても選ぶねこタワーは違う

設置する広間、役割にても選ぶねこタワーは違ってきます。
それ以外にも利用するねこういうジェネレーションによってもおすすめのねこタワーは変わってきます。

子ねこにおすすめのねこタワーは、高さの小さいやつだ。
据え置きやつの小容積がおすすめです。
高さ100cm程度のちっちゃなもので最初はトレーニングをさせて、慣れてきてねこタワーの金字塔上記から何度も何度も下りることができるようになってきたら、容積を幅広いものに変えていって見せるといいでしょう。
初めてねこタワーによる人で、まずは空気を見たいという人にうわさなのはともかく据え置きやつの小容積だ。

反対に高齢のねこの場合、地位つきのやつがおすすめです。
ねこも人と同じように年をとると、元気にジャンプしたり動き回ったりすることを断じてしなくなります。
ジャンプして登っていくタイプではなく、ジャンプしなくても登れる手順くらいの高さがおすすめです。
そのため高齢のねこには、地位がたくさんついたやつのねこタワーが人気となっています。

成ねこの場合には、たくさんの運動量が必要なのでタワーやつがおすすめです。
アクティブに動けて、寛ぐ余白も広め、爪とぎもついたものなどが人気です。

滑り易いので棚板部分にふかふかの織地がついているものを選ぶといいと思います。
見た目は木目音調で板のままの方が広間にマッチして盛装かもしれません。
しかし木の板がそのままになっているときのステップでは、ねこが飛び移ったときに滑ってしまう。
また地位、棚板部分の末端は丸くなっているものを選びましょう。
末端がとがってあるものは、ねこにとっても方にとっても危険です。
余計な恐れは事前に減らしておいてあげたほうが、両人快適に過ごすことができます。ミノタブの副作用.biz